+

It slowly ruins.

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ Gleipnir/avalon □

avalon(銀新?+森)


コメント返信遅くなってしまいましたーっ
申し訳ありませんっ、というわけで本日はavalon@万事屋銀新


5日新八激LoveY様

返信遅くなって大変申し訳ありませんーっ 
もう治らないトラウマの中で死んだ魚の目でフィルター貼って生きてる銀さんです。
大事にするその方法が、エゴであることはわかっていても。
けれど多分、新八は血にまみれてもそれが必要なことだったら胸を張って笑いかけて、一緒に血を流そうと手を差し出す。そんな子かなぁとか想ったり想わなかったりしながら



でもこのシリーズだと銀さん血にはまみれてないんだよなぁ




アパートの一角、というか一部屋は万事屋を営業している。
街外れにあるが、その日暮らしが出来るくらいには仕事が来る。
なんとなく干されていれば、なんとなく管理人が仕事を面倒見てくれたりするし。
その管理人が高校生のオンナノコだとか、似たような職種の連中がアパート内には何件かあるとか、それどころか刑事だとか時空管理局だとかってとんでもない肩書きの人もいるけど。

主に万事屋・銀ちゃんにまわされるのは地味な類だ。
まさになんでも屋、というに相応しいような。
だからこの日も、けっこう地味なのが来た。

「買い物よろしく」
「どこの小学1年生への依頼だぁあああ!!!」
「号泣しないでよ。ちゃんとお仕事でしょ」
「いやいやいや、あいちゃん、管理人さん。
さすがの万事屋だってコレは泣くよ?いや、確かにお年寄りとか仕事で忙しい人の変わりにっていうお仕事あるけどさ。実際やったことないとはいわないけどさ。あいちゃんいけるじゃん。自分でできるじゃん。
それをさも同情モードで」
「うん、三十路の野郎にはある意味絶望的よねー」
「いやぁぁあああ」
「でもほら、実際今これからちょっと忙しいのよ。普通にいってくれると助かるの」
「ッ、い、いや、えっと」

「それに新八くんてなんだかんだと安いところ知ってるし」
「え?」
「だからこれは、ちゃんとした意図があるのよ。そんなわけでよろしく」

「いえっさー・・・・」




「なんとなく言いくるめられたような」
「あいさんのことだからそんなつもりは無いと思いますけど。
えっと、これが買い物メモですか?
じゃぁスーパーとドラックストアーと、あとは」
「?スーパーで全部揃わないか?コレ」
「揃いますよ。でもあいさんの依頼は安いの、なんですよね」
「おう」

「じゃぁ徒歩範囲で最安値のところを買わないと」
「・・・・・・・・・へー」
「興味なさそうですけど、ボクがこーなったのは主に万事屋の低収入のせいなんですからね」
「新八さん、さすがにダメージきついんですがー」
「グラム68円の豚肩切り落とし肉から卒業できるように頑張りましょうねー」








========
主夫・・・・


* 「Gleipnir/avalon」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2011/06/19
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。