FC2ブログ
+

It slowly ruins.

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ Gleipnir/avalon □

avalon(ケータイ×ティーンズ)


先週はインテでいませんでしたー
というわけで今週
OOO完結お疲れ様でした。っていうか微妙に無理に詰めた感はどうしようもなかった気がする。
ラストのあのシーンで店長がいるのが驚いた
そして里中の姐さんもあそこで手を伸ばすのはどうかと想った

あと伊達さんの歪み無さがハンパネェ。むしろ俺が惚れるわ。

というわけで。
バンダイとソフトバンクが主役コンビのメインスポンサーっていうことだけで出来たネタ。
けーたメインですが、タイバニネタ









「いる?」

そういってケイタが課題をこなしていた面々のいるサロンに散らばしたのは、深夜アニメのキャラクターをディフォルメしたキーホルダーだった。

「なんだこれ」

アニメを見ていない(というよりも深夜まで起きてられない)サトシがいっこを持ち上げてしげしげと見つめる。
ちょっとシルエットにすると舞浜あたりから刺客が送られそうな少年とも少女ともとれるデザインの子。色もだが、何も知らない割にはある意味妙に正しいものを引き当てている。

「あー、なんか学校で話題になってる奴だ。コレが主役だよな?」

ひょいと太一が持ち上げたのは白地に緑のラインがいくつか入っていて、折角ディフォルメされているのにいかつい感じが残るどこか四角いすたがの。

「なんか書いてある文字が妙にリアルなんだけど」

そういって深夜にアニメなんか観る余裕のないレイジが茶褐色のキャラクターを持ち上げる。焼肉屋の名前が肩にあるキャラとか、意味がわからない。

「俺もよくわかんないんだけど、バイト先でもらってきた」
「なんでだよ」
「なんでもリアルでこのアニメのスポンサーやってるんだってさ。
キャラに企業名が書いてあるのもそれが理由」
「ノベルティにも入れるのか、すげぇな」

SDになってしまっているので色気といものは飛んでしまっているが、それでも可愛らしい青い少女のものをつまみあげながらヤマトが呆れたように言う。

(っていうか、下手なアニメよりもずっとアニメくさいのがポケットにあるんだけど)

ケイタはいいながらそんな風に内心でため息をつく。
さすがに話すわけにはいかないが、むしろCGとか言って売り込んじゃった方がごまかしが聞くんじゃないだろうか?

(・・・・・・・・・・無理だ)

そこまで考えて、相棒が大人しくしていると思えなくなって、やっぱりなかったことに思いなおす。
目の前でわいわいと盛り上がっている友人たちを見ながら、なんとなくガラス越しの外を観る。

かすかに落ち着いてきた夏の気配が、灰色をつれて少しづつ雨のそれに変わりつつあった。

「これ貰っていいのか?」
「うん。俺の携帯にはつかないし、鞄、てのもなー」

昔あげたら絡まったもんなー。
なんか懐かしいなー、とか思いながら、減っていくアイテムを眺め


「あいやしばらくぅうううう!」
「へ?」
「を?」
「あ」

唐突な声に皆が振り返ると。

ある意味専門家といっていい専門学生がらんらんとした目で仁王立ちにしていた。
あぁそういえば一番喜ぶのこの人だなぁと。

生温い目が揃って泉こなたを眺めた。





・・・・・・・
今更ですが、この世界ではジーンはスルーです

* 「Gleipnir/avalon」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2011/08/28
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。