+

It slowly ruins.

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ Gleipnir/avalon □

avalon(うえき×ケータイ)


さて。先週サボっちゃったね・ω・
そしてクリスマスだってのに



「だから結局クリスマスなんてのはおっさんの誕生日なんだよ。俺らが祝う意味なんてないんだ!」
「おっさんて。まぁそうですけど」

「あ、よく知ってたな」
「え?」
「今日、コバセンの誕生日なんだ」

ほわっと通りすがりの植木が笑ってそれがとても幸せそうだったから、あぁそうだよなぁと顔を見合わせて今から仕事に向かうアンダーアンカーのエージェントたちはなんてあの男には似合わない日だと揃って想った。
とりあえず彼氏がおっさん呼ばわり認識でかまわないのかとか、クリスマス=小林の誕生日なのか、その思考はあまり突っ込みたいとも思えないのだが。

「それでその買い物なんだ」
「おぅ。2人は今から仕事か?」
「うん。今日はその、忙しくなる可能性があるから。ねぇ?桐原さん」
「あぁ。笑えないレベルでな」
「う?」
「まぁとにかく楽しめ、植木」
「うん。その、小林さんが事件とか起こさないように」

サイバー系の犯罪を専門とするアンダーアンカーが出向くような事件を起こすタイプではないのは間違いなかったが、彼が犯罪犯したらそれはそれでぞっとしないから、彼には幸せなリア充になっていて欲しいというのが彼らの共通の希望だった。

そんなリア充の平和を護るために、自分たちが地下組織に半ば監禁されるとわかっていても。


「じゃぁいってくるな」
「気をつけてなー」


「網島」
「はい?」
「ちょっと、遠回りしていくか。イルミネーションとはいかないが、な」
「余計むなしくなるよーな気がしなくもないですけど」
「いやか?」
「いいえ。こっそり、みられないとこで手を繋いでくれるなら」
「安いクリスマスプレゼントだ」
「いいじゃないですか、俺たち揃って減給コンビなんですし」
「っさい」




・・・・・・・・・・
 なにげにお前らもリア充だよ
 てかケイタ意外と押せ押せだな
* 「Gleipnir/avalon」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2011/12/25
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。